サラリーマンで不動産投資を成功させるには?

近年、不動産投資が話題になっていますが、サラリーマンの間でも魅力を感じている人が増えてきているようです。不動産投資は、不労所得が得られるということはもちろん、老後は年金代わりになるといった魅力があります。さらにサラリーマンは本業で安定した収入を得ることができているので、不動産投資の融資が行いやすいと言われています。ここでは、サラリーマンが不動産投資で利益を得るための方法について紹介していきましょう。

不動産投資はリスクが少ない

不動産投資とは、利益を得ることを目的に不動産に投資をすることです。アパートやマンションを購入し家賃の収入得る方式をインカムゲイン方式と言い、購入物件の価値が上昇した時に売却して利益を得る方式をキャピタルゲイン方式と言います。サラリーマンの方の投資方法では、この2つの方式方法を活用した不動投資が最も主流となっています。株式やFXなどの金融商品は、高利益が期待できる分リスクも大きくなってしまいますが、不動産投資の場合は低リスクで比較的安定した収入を得ることができるのでサラリーマンとして働きながら始める方も多いでしょう。

不動産投資で利益を出す方法

サラリーマンは、本業に徹する時間が多いのでワンクリックで売買取引できるような投資を望んでいます。しかし、このように手軽にできる不動産投資は存在しないので、管理会社に委託する方も多いでしょう。委託することによって当然管理の手間は省けますが、丸投げするのは好ましくありません。毎月家賃の振込みがあるか、入居者を募集するための広告の掛け方、入居者からのクレーム対応などの管理は最低限把握しておく必要があります。

投資用の不動産はインターネットで探すことができますが、優良な物件はインターネットに掲載する前に取引が完了しているパターンが多いものです。ですから信頼できる不動産会社から良い物件を紹介してもらうことも利益を得るためのヒントになります。また、不動産会社を選ぶ基準は、資本金・会社規模を見て安定性のある会社を選ぶことも大切なポイントです。あらかじめ予算を設定して、自分が住む・借りる立場になって物件選びをしてください。

不動産投資の書籍を読んで参考にしよう

不動産投資を成功させるためには、情報収集が欠かせません。最近はサラリーマン向けの不動産投資方法や実際に不動産投資をした方の体験談や成功例などが書いてある書籍がたくさん出ています。不動産投資を始めた方のブログなどもあるので参考にしてみてください。また、不動産投資を始める前にセミナーに参加しておくと失敗を回避できる可能性が高くなります。実際に始めたら生計がどうなるのか、管理費や税金などを省いた実質利回りをシミュレーションしておくと良いでしょう。

不動産投資で利益を得るには、以上のようなポイントが挙げられます。不動産タイプや物件があるエリアなどによっても利益に差が出てくるので、事前に情報をリサーチしておく必要があるでしょう。