株式会社アイケンジャパンについての詳細

株式会社アイケンジャパンは、平成18年8月に設立した比較的若い会社であり、アパートやマンションの企画・販売、不動産仲介、建築の設計や施工・管理など不動産に関連する事業をトータルに行っています。
現在は福岡、広島、大阪、名古屋、東京に支店を構えるほか、岡山と仙台にもオフィスを設け、全国各地をカバーして営業を行っています。

企業理念は「3つのアイ」。仕事や会社を愛し、人間、地球を愛し、前向きなプラス思考型人間を目指す「愛」、固定観念を捨てて時代の流れや変化に目を向け、先見性を見出すことを求める「Eye」、
そして人格を高めることを求める「I」を柱としており、「お客様の感動と安心安定を追求する」という経営理念のもと、各ポジションにつくスタッフの一人一人が高い意識を持って働いています。

株式会社アイケンジャパンが特に重きを置いている事業はアパート経営におけるサポート事業です。
とりわけ評判が高いポイントとなっているのは収益稼働率の高さであり、抜群のブランド力を生かすことで入居者を常に集め、
アパート経営で最大の懸念事項となる空室リスクを最大限にまで低下させることに成功しています。
そのための下支えとなっているのが、高い価値を持つ物件作りです。

木造アパートにおいては、設備の問題から足音などの騒音トラブルが頻発することがマイナスポイントであり、この点の満足度を満たさなければ入居者が次第に離れることになります。
この点に強く着目したアイケンジャパンでは、衝撃緩和剤を使用することによる防音技術に加え、音の伝導も抑制した設備を設けた木造アパートを手掛けていることから、
小さなお子さんを持つご家族でも安心して暮らせる質の高い物件を運営することが可能になります。

機能性だけではなく、ルックスにもこれまでのマンション運営とは一線を画す工夫が各所になされています。オートロックなどの防犯設備を標準的に搭載していることはもはや当然であり、
スカイバルコニーや間接照明、浴室テレビの設置など、富裕層でも十分にターゲットに取り込める物件を数多く販売しており、高い収益率を生み出すことに期待できます。

それらの工夫により、アパート経営収益稼働率は驚異的とも言える96%という高い水準の成果を上げており、アパート経営の継続率はなんと99%。経営が立ち行かずに売却しなければならないというケースはほとんど発生しておらず、
安心して利用できる不動産会社として評価を高めています。