ライズネットの物件情報について

不動産情報を扱うインターネットサイトは非常に増えてきており、不動産探しの仕方は以前と比べて大きく変わってきました。ただ、すべての不動産情報がインターネットサイトに上がってくるわけではありません。地元の小さな不動産屋さんしか扱っていないような物件も、依然として存在していることも確かです。また、人気の高い物件はインターネットサイトに上がる前に契約されてしまうことも多くあり、あまり出てこない優良物件もあります。地元に密着した情報をタイムリーに発信している情報サイトにアクセスすることが実は不動産情報の基本です。

ライズネットではこのようなコンセプトに基づき、地元に密着した情報を発信するため、不動産専門のWebコンサルチング会社として実績をあげてきました。不動産関連のWebサイトを作り上げるにあたっては不動産業界に精通したもの、Webデザイン、特に不動産のデザインに精通したものが必要です。ライズネットは、不動産のプロとWebのプロエンジニアやデザイナーとの協力で、地域に密着した不動産会社にとって集客力があり使いやすいWebサイトの提供をはじめとして、経営コンサルティングなどで不動産会社の手助けをしてきた会社です。

顧客となる不動産会社は全国にわたり800社以上となっています。そしてこれらの不動産会社がインターネットサイト上で全国45以上にわたるそれぞれの地域の不動産情報をまとめた、不動産連合隊の名称で地域に特化した情報を提供しています。とくに、北海道は投資先としては非常に注目を集めている地域で、中国をはじめとしてオーストラリアなど海外からの注目も集めている地域です。

北海道では、広い地域性から北海道でまとめてしまうと情報が雑多になりがちですが、ライズネットでは札幌、旭川、苫小牧、北見などかなり細かく、行き届いた情報展開が行われていて、消費者のニーズを的確にとらえているという点でも評価できるといえるでしょう。他地域においても、投資物件では立地は今一つ、でも物件の新しさやグレードは高めの情報などは地域密着企業でしかなかなか上がってこない情報ですが、ライズネットには出ています。これは、ほかの不動産サイトと差別化する特徴ともなっています。各地の不動産会社がライズネットの物件情報にさらに協力するようになると、さらなる地域密着の特徴ある不動産情報サイトとなるでしょう。”